クレジットカード、甘く考えないで!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンビニでクレジットカードを利用する時

買い物をコンビニでするときにクレジットカードを利用できるといいます。

コンビニで高額決済をする機会は少ないため、基本的にサインは不要で手続きができます。

コンビニでもクレジットカードを使用すれば、会計時に細々したおつりのやり取りや小銭を出す必要もないので手早く済ませることも不可能ではありません。

実際にクレジットカードを利用するときには、一括払いや分割払いなどの支払方法を決めて、ショッピングするものをレジに出すと同時にクレジットカードを店員に渡しましょう。

コンビニの店員がカード処理をするので、購入した商品と一緒にクレジットカーとで買ったことが証明できる領収書をもらいましょう。

コンビニで買い物をするときにクレジットカードのポイントをためることができるので、ポイントのつくクレジットカードを利用するとお得です。

クレジットカードをそれほど高額でないショッピングに使用することを渋る方もたくさんいます。

コンビニでのクレジットカード利用に対してためらいを感じる人は少なくありません。

コンビニ系クレジットカードというコンビニ会社が作っているクレジットカードも今はあるようです。

いろいろな割引サービスが増えているので、クレジットカードを使ってコンビニでのショッピングをする人が多くなってきているといいます。

ショッピングをコンビニでしょっちゅうする人や、クレジットカードのポイントを積み立てている人もたくさんいるかもしれません。

上手くクレジットカードを使えば、お得にコンビニでのショッピングをすることができるでしょう。

年会費無料のクレジットカードを利用する時の注意点

年会費無料を売りにするクレジットカードがありますが、こうしたカードを使う時に注意した方がいいことはないのでしょうか。

いちばん気をつけなければいけないのは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭ったりすることです。

カードをいい加減に扱っているととんでもないことになりかねません。

年会費無料だからと一人で複数枚のクレジットカードを作ったりしていると、あまり使わないようなカードがなくなったような場合、気づくのが遅れたりします。

年会費が無料のクレジットカードを複数枚所持している人はしっかり管理するようにしましょう。

総量規制の法改正が行われたことなどがあって、年会費無料のクレジットカードは近ごろでは発行されなくなってきているようです。

年会費無料のクレジットカードといいつつ、それには特定の条件があることも多くなっています。

クレジットカードの作成初年度のみの年会費無料であったり、学生時代だけ年会費無料だったりするようなものです。

年会費無料という誘い文句につられてクレジットカードを気軽に作り、忘れたころに請求を受けてしまうような話もよくあります。

注意しましょう。

持っているだけでいろいろな特典を受けることができるため、クレジットカードは便利ですが、反面リスクも存在します。

普段はあまり意識することはありませんが、クレジットカードの利用は借金をするのと同じことです。

ついつい使いすぎてしまった……というような話は、クレジットカードを利用した買い物では良く耳にします。

年会費無料のクレジットカードは、費用が発生しないぶん気軽に持つことができてしまいます。

そのせいで買い物をしすぎるようなことがないように気をつけましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を使う時

思いがけないタイミングでお金を用立てなければならない時など、クレジットカードのキャッシング機能が役立ちます。

ただし、キャッシング枠を利用して融資を受けたら返済の義務が生じますから、借入金に利息を加えた金額を返さなければならなくなります。

簡単にお金を引き出すことができるキャッシングはいろいろな意味で危険です。

借金であるという認識が、手軽に借りれることで甘くなりがちです。

1枚のクレジットカードのキャッシング枠を使い終わった後、別のクレジットカードのキャッシング枠を使ってしまう人がいます。

消費者金融でお金を借りるなど多重債務になる危険性もあります。

軽い気持ちで借り入れをしてしまうという人や、日頃はキャッシングを使う機会がないという方は、キャッシングをせずに済むならしない方がいいでしょう。

クレジットカード会社に連絡をして、クレジットカードのキャッシング枠を0円にしておくというやり方もあります。

何となくでキャッシング枠を使おうにも、そもそも使えなくしておくのです。

クレジットカードが第三者の手に渡り、不正に使用されても、盗難保険がついていれば保障が期待できる場合があります。

盗難保険ではキャッシングに関しては、補償の対象外になっているケースが多いのです。

キャッシング枠は0円にしておくほうが、賢明かもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事