よくあるクレジットカードの申込時の審査って?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレジットカードの申込時の審査について

クレジットカードの審査に自信がないという人は、信用情報のチェックをしましょう。

まず、クレジットカードには銀行系、信販系、消費者金融系などの種類があります。

クレジットカードとしてのサービスが変わらずとも、金融会社ごとに審査の基準が違うことに注意をしましょう。

流通系のクレジットカードである消費者金融系クレジットカードは、審査もスピーディですし、基準もそれほどきつくありません。

ですから、アルバイトやパートなどの仕事で、収入が安定していない人でも申し込みをすることが出来ます。

もちろん、収入がないと申し込みができませんし、また過去に返済滞納などのトラブルがあると審査に通るのは難しくなります。

信用情報は、今までのキャッシング利用履歴や、ローンの返済状況など、金融商品をどのように利用してきたかの記録です。

たとえばローンの返済の延滞があるとか、あるいは債務整理を行った場合は、信用情報機関に事故情報として登録されます。

異動情報ともいうこのような情報は、新規でクレジットカードの審査を受ける時には大きな弱点になってしまうでしょう。

返済不能にになって債務を整理することになったら自分でも自覚はできますが、クレジットカードの審査を受けて始めて信用情報に事故情報が入っていることに気づく人もいます。

ですからクレジットカードの申し込みの前に、異動情報がついていないかを確認しておくといいでしょう。

信用情報機関に問い合わせをすると、情報の内容を閲覧させてもらえるので、審査が心配な人は確認をしておきましょう。

ローンをする時には保証人が必要か事前に確認を

ローンをする時には保証人が必要だというのが世間一般の常識となっています。

必ずしも、保証人がいなければローンは利用できないというものではありません。

ローンは銀行や消費者金融からお金を借り入れることなので、通常であれば保証人が必要になります。

キャッシングのメリットは、保証人になる人がいなくても融資がうけられることです。

金融会社は、新しくキャッシングの申し込みをする人に対しては審査を行い、どの程度の返済能力を持っているかを見極めます。

審査の結果、お金を貸しても返済することができない人物だろうという結論が出れば融資を断るだけですので、保証人は必要ありません。

キャッシング以外のローンでは自動車購入時のオートローンなどもありますが、こちらも基本的には保証人は必要ありません。

住宅ローン融資をうける時は保証人が必要なことも多いですが、場合によっては保証人なしで借り入れ可能です。

過去に返済の延滞があったとか、収入が極端に少ない場合など特殊な理由がある時には、保証人を求められる確率が高くなります。

保証人になってくれる人は限られていますので、人によっては融資を受けたくても保証人のなり手がいないことがあります。

預金口座にまとまったお金を預けているような銀行であれば、保証人なしでの融資が受けられることもあります。

保証人の有無は、金融会社の判断によっても左右されますので、保証人がいなくても借り入れが可能か、じっくり相談してみるのもいいでしょう。

キャッシングの前に金利をチェック

キャッシングした場合には必ずと言っていいほど金利がついてきます。

中には金利ゼロのキャッシングも存在しますが、金利がついているキャッシングと全く同条件というわけではありません。

目先のことにだけ捕らわれがちで、今すぐ借りられればいい、希望する金額が借りられればいい思ってしまうでしょう。

金利の比較も無しにキャッシングしてしまうと、後で大変なことになってしまうことがあります。

いくつか金利の計算方法があるのでご紹介しましょう。

金利の事も、キャッシングを利用する場合には理解しておきたほうが良いでしょう。

一口に金利の計算と言っても、要素がいろいろと関わってくるものです。キャッシングの金利を明記してあるところに、年率や年利と書いてあるのを見たことはあると思います。

キャッシングの金利が示されるのは、日歩、月利、年利などのような期間に対する単位です。

月利は1ヶ月あたりの利息、年利は1年あたりの利息、日歩は1日あたりの利息を意味しています。

日歩、月利、年利では、同じ金利でもかなり数字が違うものです。

普通の人であれば、金利の数字の大きいものと小さいものがあれば、金利の数字の小さい方のキャッシングを利用しようと考えるのではないでしょうか。

キャッシングを利用するときに、人の心理をついた表記に惑わされると知らない間に高い金利になってしまうことがあるので注意しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事